[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三原舞依は「完璧だった」 圧巻演技の首位発進を海外絶賛「お手本のような3F」

ユニバーシアード冬季大会(ロシア・クラスノヤルスク)のフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)は8日、三原舞依(シスメックス)がパーフェクト演技で75.92点をマーク。2位のスタニスラワ・コンスタンチノワ(ロシア)に5点以上の差をつけ、首位発進を決めた。IOC運営の五輪メディア「オリンピックチャンネル」が観衆を魅了した演技を動画で公開している。さらに公式サイトでも「完璧だった」「お手本のよう」と絶賛している。

三原舞依【写真:Getty Images】
三原舞依【写真:Getty Images】

完璧演技での75.92点を五輪メディアは絶賛

 ユニバーシアード冬季大会(ロシア・クラスノヤルスク)のフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)は8日、三原舞依(シスメックス)がパーフェクト演技で75.92点をマーク。2位のスタニスラワ・コンスタンチノワ(ロシア)に5点以上の差をつけ、首位発進を決めた。IOC運営の五輪メディア「オリンピックチャンネル」が観衆を魅了した演技を動画で公開している。さらに公式サイトでも「完璧だった」「お手本のよう」と絶賛している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 三原が完璧な演技を披露した。冒頭の3回転ルッツ―3回転トウループのコンビネーションを決め、ダブルアクセル、3回転フリップとジャンプは綺麗に着氷。ステップ、スピンでも魅了し、すべてで加点を得た。最後は笑顔でガッツポーズも飛び出した。

 オリンピックチャンネルは見事な完璧演技を公式ツイッターで動画で公開。公式サイトではSPをレポートし、「マイ・ミハラは完璧だった。19歳の日本人選手はユニバーシアード冬季大会のフィギュアスケート女子ショートプログラムで首位に立ち、力強いスタートを切った」と拍手を送っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集