[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

こんなメドベを待っていた 復活SP首位に米記者興奮「誰もが『ついに!!!』と口に…」

フィギュアスケートのロシア杯ファイナルは21日(日本時間22日)、女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワが76.89点で首位発進となった。米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は今季不振に喘いでいた女王の“完璧ジャンプ3連発”を動画付きで公開し、「誰もが『ついに!!!』と口にしている」と復調を歓迎している。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

名物ウォン記者も復調歓迎「お帰りなさい、エフゲニア」

 フィギュアスケートのロシア杯ファイナルは21日(日本時間22日)、女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワが76.89点で首位発進となった。米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は今季不振に喘いでいた女王の“完璧ジャンプ3連発”を動画付きで公開し、「誰もが『ついに!!!』と口にしている」と復調を歓迎している。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 メドベージェワが帰ってきた。深紅の衣装に身を包んだ女王は冒頭の3回転フリップ―3回転トウループを綺麗に着氷させると、以降も2本のジャンプをミスなく決め、高得点をマーク。12月のロシア選手権は14位と出遅れたSPで“らしさ”を取り戻し、演技後はガッツポーズも飛び出した。

 ウォン記者は自身のツイッターで完璧に決めた3本のジャンプを動画付きで公開。さらに「お帰りなさい、エフゲニア・メドベージェワ」と復調を歓迎すると「このショートプログラムの後、エフゲニア・メドベージェワはガッツポーズ。誰もが『ついに!!!』と口にしている」と興奮気味だった。

 最後の3枠目を争う構図の世界選手権(3月・埼玉)切符奪取へ、好発進を決めたメドベージェワ。復活の予感を確信に変えるべく、フリーで優勝を掴み取る。

(THE ANSWER編集部)

3/7~18【ダゾーン独占中継】BNPパリバ・オープン

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集