[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【早実元エースの米挑戦記】3試合4回9K&防0.00で猛アピール中「米国は何もかも新鮮」

高校野球の名門・早実(東京)の元エース・内田聖人投手がアメリカで契約を目指し、奮闘している。13日からフロリダでベースボール・スカウティング・リーグ(BSL)に参戦。1週間で3試合に登板し、JX-ENEOS退団以来、1年ぶりの実戦となったが、計4回を1安打9奪三振で防御率0.00とアピールに成功した。

アメリカで契約を目指し、奮闘中の内田聖人【写真:本人提供】
アメリカで契約を目指し、奮闘中の内田聖人【写真:本人提供】

前JX-ENEOS内田聖人、1年ぶり実戦も好結果「手応えは良い」

 高校野球の名門・早実(東京)の元エース・内田聖人投手がアメリカで契約を目指し、奮闘している。13日からフロリダでベースボール・スカウティング・リーグ(BSL)に参戦。1週間で3試合に登板し、JX-ENEOS退団以来、1年ぶりの実戦となったが、計4回を1安打9奪三振で防御率0.00とアピールに成功した。

【PR】大谷翔平が復帰! 野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施

 BSLは参加者でチームを編成した実戦形式のトライアウト。メジャー、独立リーグなどのスカウトにアピールする。内田は1戦目で味方の3失策が絡んで3失点したが、1回1安打1四球も2奪三振で自責0。2戦目は2回5K、3戦目は1回2Kでともに完全投球、計4回で1安打9奪三振で防御率0.00と結果を残した。

「アメリカの雰囲気は、何もかもが新鮮です」と最初の1週間を振り返った内田。相手には2、3年前までメジャーで数億円稼いでいた選手、元MLB傘下で鳴らした選手、キューバ出身で99マイル(約159キロ)投げる選手もいるという。そんな中でも最速150キロの直球とフォークを武器に挑んだ。「手応えは良いと思います」と収穫はたっぷりだ。

 17年オフにJX-ENEOSを戦力外となった後は1人で練習に打ち込んできた。「1年以上実戦から離れていましたが、戦闘モードに入れました。パフォーマンスもそこそこ出せていると思います」。スカウトから当初投げない予定の日に「連投適性」を見たいと要望を受け、急きょ登板することもあったという。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集