[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ロドリゲスは「ヤバいというオーラなかった」 電撃フェイスオフの裏側告白

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が16日、横浜市内の大橋ジムで会見。5月18日にスコットランド・グラスゴーで開催されるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と、昨年10月に実際に対面した際の印象を語った。

会見でロドリゲスの印象を語った井上(中央)【写真:編集部】
会見でロドリゲスの印象を語った井上(中央)【写真:編集部】

WBSS準決勝の正式決定を受けて横浜市内のジムで会見

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が16日、横浜市内の大橋ジムで会見。5月18日にスコットランド・グラスゴーで開催されるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と、昨年10月に実際に対面した際の印象を語った。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 開催地、開催時期が二転、三転した末の、ようやくの正式決定。井上は「ストレスもたまりました」と偽らざる心境も口にしたが、「またあの舞台でできることにワクワクする。ヨーロッパではボクシングが盛り上がっている。いいパフォーマンスができればいい」と初上陸の欧州での決戦に心を躍らせた。

 対戦相手のロドリゲスは19勝(12KO)無敗のIBF王者。バンタム級の出場者中では最強と目されており、この準決勝が事実上の決勝と見る向きもある。井上と大橋会長は昨年10月21日の米国でのジェイソン・モロニー(オーストラリア)との1回戦(12回判定勝利)を直接視察している。

 大橋会長はロドリゲスについて、「この間の試合は良くなかったが、それ以前の試合では絶対的に素晴らしい選手。南米の井上尚弥。これはモンスター同士の戦いになる」と語った。テクニックに優れたプエルトリカンを、“南米のモンスター”と評価。多少のリップサービスはあるにせよ、最大の強敵だと認めている証拠だ。

 ロドリゲスとのマッチアップは「お互い力を出し合える距離が同じ。見ごたえのあるスピードのある技術戦。フェイントの掛け合いだったり、これまで見たことないような技術戦は間違いない」とし、ハイレベルな攻防必至とみている。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集