[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁が「攻撃陣のMVP」 22得点の爆発を地元紙称賛「一貫して安定した力を誇った」

バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大の八村塁は14日(日本時間15日)のロヨラ・メリーマウント大戦に出場。37分間の出場で22得点、7リバウンドの大暴れで73-60での勝利に貢献した。地元紙では「オフェンシブMVP」に選出され、「一貫して安定した力を誇った」と称賛している。

ゴンザガ大の八村塁【写真:Getty Images】
ゴンザガ大の八村塁【写真:Getty Images】

22得点でチームを15連勝に導いた八村を地元紙も称賛

 バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大の八村塁は14日(日本時間15日)のロヨラ・メリーマウント大戦に出場。37分間の出場で22得点、7リバウンドの大暴れで73-60での勝利に貢献した。地元紙では「オフェンシブMVP」に選出され、「一貫して安定した力を誇った」と称賛している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 両軍最多の22得点でゴンザガを勝利に導いた八村。特に後半の残り17分42秒の場面では、ゴール下の八村は、ブランドン・クラークからの鋭いパスを受けると、待ってましたとばかりに跳び上がって豪快なダンクを叩き込んだ。

 圧巻の活躍でチームを15連勝に導いた八村。地元紙「スポークスマン・レビュー」では「3つのキー」として試合をレポートしているが、「攻撃陣のMVP」に八村を選出している。

「ハチムラは一貫して安定した力を誇った。ザグス(ゴンザガ大の愛称)は前半オフェンスで苦しんだが、6フィート8インチ(203センチ)のフォワードは22得点で試合を終えた」

 記事ではこう絶賛されている。フリースローも8本全て成功させるなど、安定感も評価された八村。上位指名が期待される6月のNBAドラフトまで米メディアの評価はうなぎ上り状態だ。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集