[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、圧巻の“垂直ダンク”で22得点 米ファン絶賛「ファウル無しでどう止める?」

バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大の八村塁が14日(日本時間15日)のロヨラ・メリーマウント大戦に出場。37分間の出場で両チーム最多の22得点、7リバウンドを記録。ゴンザガ大は公式ツイッターで後半に決めた“垂直ダンク”を動画で公開。際立つ活躍ぶりに、米ファンも喝采を上げている。

ゴンザガ大の八村塁【写真:Getty Images】
ゴンザガ大の八村塁【写真:Getty Images】

両チーム最多の22得点で15連勝に貢献

 バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大の八村塁が14日(日本時間15日)のロヨラ・メリーマウント大戦に出場。37分間の出場、両チーム最多の22得点、7リバウンドを記録。ゴンザガ大は公式ツイッターで後半に決めた“垂直ダンク”を動画で公開。際立つ活躍ぶりに、米ファンも喝采を上げている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 迫力満点だった。後半の残り17分42秒、ゴール下の八村はブランドン・クラークからの鋭いパスを受けると、待ってましたとばかりに跳び上がって豪快なダンクを叩き込んだ。

 37分間の出場で22得点、7リバウンド、フリースローは8本全てを決めるなど躍動し、チームの勝利に貢献した八村。この結果を受けてツイッター上のファンも改めて喝采を上げた。

「ルイ・ハチムラが引っ張った」
「ルイ・ハチムラは最も興味深い選手だ」
「ルイ・ハチムラをファウルなしでどう止める?」

 また「ルイ・ハチムラは次のブレイク・グリフィンだ」と大学時代に主要タイトルを総なめにしたデトロイト・ピストンズのパワーフォワードを比較に上げて称賛する声もあった。

 チームはこれで15連勝。快進撃を続ける中で、八村は格別な光を放ち続けている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集