[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上岳志、NBAコートで“一触即発フェイスオフ”に反響「君たち、試合は明日だよ!」

ボクシングのWBOスーパーウエルター級タイトルマッチの前日計量が25日(日本時間26日)、米ヒューストンで行われ、初の世界戦に臨む同級3位・井上岳志(ワールドスポーツ)は69.7キロ、3度目の防衛を狙う王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)は69.5キロでともに1度でパスした。2人はプロモーションの一環でNBAの試合イベントに登場。すると、ここで一触即発のフェイスオフを演じ、火花を散らした。

ムンギア戦は井上にとって初のWBO世界戦となる(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
ムンギア戦は井上にとって初のWBO世界戦となる(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

開催地ヒューストンの本拠地ロケッツのコートで一触即発!?

 ボクシングのWBOスーパーウエルター級タイトルマッチの前日計量が25日(日本時間26日)、米ヒューストンで行われ、初の世界戦に臨む同級3位・井上岳志(ワールドスポーツ)は69.7キロ、3度目の防衛を狙う王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)は69.5キロでともに1度でパスした。2人はプロモーションの一環でNBAの試合イベントに登場。すると、ここで一触即発のフェイスオフを演じ、火花を散らした。

【特集】希代の名スキーヤーが第二の人生を“スキーの未来作り”に捧げた理由 / アルペンスキー・皆川賢太郎氏インタビュー(GROWINGへ)

 まさかのバスケ会場でバチバチになった。試合の開催地ヒューストンを本拠地に置くロケッツの試合でハーフタイムに2人は登場。バスケファンにアピールするはずだったが、ここで一触即発の空気を醸した。コート中央で胸をぶつけ合い、小競り合いに。関係者が割って入るが、睨みつける井上に対し、ニヤつくムンギアも引かず。ピリピリとしたムードとなっていた。

 プロモーション会社「ゴールデンボーイ・プロモーションズ」公式ツイッターは「どうどう! 君たち、試合は明日だよ! ハイメ・ムンギアと井上岳志がヒューストン・ロケッツの試合で接触。ムンギア対井上は明日の夜」とつづり、実際のシーンを公開。専門メディア「ボクシングインサイダー」も同様のシーンを紹介するなど、スポットライトを浴びる形になった。

 試合前日から早くも盛り上がりを演出している一戦。29歳の井上は31戦全勝の王者を打ち破れるのか。ゴングは26日(日本時間27日)に鳴る。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集