[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陥落ザギトワ、まさかの“初200点割れ”に米記者も驚き「ルッツ問題が自信に干渉」

フィギュアスケートの欧州選手権(ミンスク)は25日(日本時間26日)、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の16歳ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)が合計213.84点で初優勝。SP首位の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)はミスが相次いで198.34点で2位に終わり、連覇を逃した。ザギトワにとって“200点割れ”はシニア初。米記者も驚きをもって伝えている。

欧州選手権連覇を逃したアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
欧州選手権連覇を逃したアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

ミスが相次ぎ、欧州選手権連覇逃す…合計200点を下回ったのはシニア初

 フィギュアスケートの欧州選手権(ミンスク)は25日(日本時間26日)、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の16歳ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)が合計213.84点で初優勝。SP首位の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)はミスが相次いで198.34点で2位に終わり、連覇を逃した。ザギトワにとって“200点割れ”はシニア初。米記者も驚きをもって伝えている。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 完全復活とはならなかった。SP首位で迎えたフリー。ザギトワはミスが相次ぐなど本領を発揮できず。大会前には新しい靴のブレードの使用を検討していることが伝えられ、試行錯誤していることが伺えたが、結果には結びつかなかった。フリー4位の123.34点にとどまり、合計198.34点。これがシニア初のスコアになっていた。

 米国の名物記者ジャッキー・ウォン記者は、自身のツイッターで得点についてレポートした上で「ワオ、彼女はシニアで初めて200点を下回った」と驚きをもって一言。シニア転向2年目で初めて合計点が“200点割れ”を喫したことを伝え、さらに「ルッツ問題が彼女の自信に干渉し続けている」と不調の原因を指摘している。

 今季はグランプリ(GP)シリーズこそ優勝したが、GPファイナル2位、ロシア選手権5位と敗れ、3大会続けて戴冠を逃す結果に。五輪を制した翌シーズン、16歳が予期せぬ苦戦を強いられている。

(THE ANSWER編集部)

GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集