[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心は「気の毒だ」 英記者は“八百長論”も一蹴「RIZINが資産捨てるか?」

格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、キックボクシングの那須川天心(TARGET)にTKO勝を収めたボクシングの元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)。わずか139秒で勝利を収めた一方的な展開に、海外のMMA(総合格闘技)の実力者、専門家から「茶番」と批判も集まる中、「テンシンが気の毒」と英紙記者は同情。「八百長ではない」と批判の打ち消しに出ている。

メイウェザー(右)に敗れた那須川【写真:Getty Images】
メイウェザー(右)に敗れた那須川【写真:Getty Images】

メイウェザーの態度に「フェイク」の声も…英紙記者が持論「テンシンに同情します」

 格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、キックボクシングの那須川天心(TARGET)にTKO勝を収めたボクシングの元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)。わずか139秒で勝利を収めた一方的な展開に、海外のMMA(総合格闘技)の実力者、専門家から「茶番」と批判も集まる中、「テンシンが気の毒」と英紙記者は同情。「八百長ではない」と批判の打ち消しに出ている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 キックボクシング界の神童対ボクシング界のメガスター。海外でも注目を集めた大晦日のリングで、展開されたのは一方的なメイウェザー劇場だった。白い歯を見せながらも、那須川を子供扱い。139秒で決着を付け、天心はリングで悔し涙を流していた。

 メイウェザーの試合中の態度、10億円近いファイトマネーもあってか、試合内容に対してMMAの実力者から「フェイク」と疑問の声が上がり、元WBA世界ミドル級王者の村田諒太(帝拳)らと契約する米トップランク社の大物プロモーターのボブ・アラム氏も米メディアの取材で「完璧なジョーク」「茶番」と批判していた。

 だが、圧倒的不利な条件で勇敢に戦い抜いた神童に同情論も出ている。英紙「デイリー・エクスプレス」「デイリー・スター」で格闘技などの担当記者を務めているチサンガ・マラタ記者だ。試合後、自身のツイッターでこうつづっている。

「テンシンに対しては気の毒としか思えない。彼は母国の何千もの人々の前で派手な敗北を喫してしまった。彼に同情します」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集