[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥から弟・拓真へ “若き日の1枚”で魂のエール「絶対に取ってくれる!」

ボクシングのトリプル世界戦が30日、大田区総合体育館で行われる。WBC世界バンタム級暫定王座決定戦に臨む同級5位の井上拓真(大橋)へ、兄でWBA世界バンタム級王者・尚弥(大橋)が28日、インスタグラムを更新し、エールを送った。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

30日にWBC暫定王座に臨む弟・拓真へエール

 ボクシングのトリプル世界戦が30日、大田区総合体育館で行われる。WBC世界バンタム級暫定王座決定戦に臨む同級5位の井上拓真(大橋)へ、兄でWBA世界バンタム級王者・尚弥(大橋)が28日、インスタグラムを更新し、エールを送った。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手(GROWINGへ)

 井上は28日にインスタグラムを更新。「絶対に取ってくれる!残り2日頑張れ!」とつづり、WBCのベルト獲得を目指す弟へエールを送った。そして自身の若き日の1枚を公開している。

 4年前、2014年の4月にプロデビュー6戦目で当時のWBC世界ライトフライ級王者アドリアン・エルナンデス(メキシコ)に挑戦。6回KO勝利で、見事に初の世界のベルトを巻いた。当時の記者会見で緑のWBCのベルトを持つエルナンデスの隣で、ファイティングポーズを作る井上。現在より3階級下で、頬はげっそりしているが、当時から目はまるで獲物を追う“モンスター”そのものだ。

 投稿にはファンからも「来年は井上兄弟でバンタム級王座を独占ですね!」「絶対勝ちます」「機は熟した」など拓真へのエールが続々と書き込まれていた。

 あれから4年、自身も思い入れのある緑のベルトに挑戦する弟。当日はリングサイドから、勝利を祈ることになる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集