[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福岡第一、ダブルスコアで2年ぶり優勝 指揮官「福岡で事実上の決勝戦やってきた」

ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権対価は29日に武蔵野の森総合スポーツプラザで最終日を迎え、男子の決勝戦は福岡第一(福岡)が85-42で中部大一(インターハイ準優勝、愛知)を破り、2年ぶり3回目の優勝を飾った。福岡第一の井手口孝監督は、優勝インタビューで「私たちは、11月3日に事実上の決勝戦(福岡県予選の決勝戦で、福岡大大濠高校に勝利)をやって来た。あれ以上のスコアで勝たなければいけないと思っていた」と地元のライバル校へのリスペクトを示した。

福岡第一が中部大一を破り優勝【写真:平野貴也】
福岡第一が中部大一を破り優勝【写真:平野貴也】

ウインターカップ男子決勝は福岡第一が2年ぶり3回目の優勝

 ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権対価は29日に武蔵野の森総合スポーツプラザで最終日を迎え、男子の決勝戦は福岡第一(福岡)が85-42で中部大一(インターハイ準優勝、愛知)を破り、2年ぶり3回目の優勝を飾った。福岡第一の井手口孝監督は、優勝インタビューで「私たちは、11月3日に事実上の決勝戦(福岡県予選の決勝戦で、福岡大大濠高校に勝利)をやって来た。あれ以上のスコアで勝たなければいけないと思っていた」と地元のライバル校へのリスペクトを示した。

 福岡第一、福岡大大濠は、ともにU-18日本代表選手を擁し、日本一を狙える実力を持つ超強豪校。近年は、どちらかがインターハイの決勝進出により出場権を得て、もう片方のチームが県の代表権をつかむ形で、全国大会に揃い踏みしていた。しかし、今夏はインターハイ開催期間とU-18日本代表の活動時期が重なり、ともに代表選手抜きでの戦いを強いられ、ともに決勝に進出できず、ウインターカップは1枚の全国切符を争う形だった。福岡大大濠戦のスコアは、79-71で8点差の均衡した試合だったが、今大会は2回戦からの全5試合すべてで29点以上の差をつけ、決勝でもダブルスコアで圧倒的な強さを見せた。

 試合は、前半から福岡第一がアウトサイドシュートで先行。中部大一の常田健監督は「ゴール下へ切り込ませずにアウトサイドを打たせる作戦で入ったが、高確率で射抜かれたことで浮足立ってしまい、フィニッシュ力の差が顕著に出た」と悔しがった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集