[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

坂本花織、歴史的死闘で初V! 合計228.01点に「え~っ!」 3A2発の紀平梨花を抑えた

フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム2位の坂本花織(シスメックス)が合計228.01点をマーク。逆転Vで初優勝を飾った。SP5位の紀平梨花(関大KFSC)が2位、SP1位の宮原知子(関大)が3位となった。

坂本花織
坂本花織

全日本選手権女子フリー

 フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム2位の坂本花織(シスメックス)が152.36点で合計228.01点をマーク。逆転で初優勝を飾った。SP5位の紀平梨花(関大KFSC)は155.01点、合計223.76点で2位、SP1位の宮原知子(関大)は146.58点、合計223.34点で3位となった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ハイレベル決戦を制したのは、坂本だった。冒頭の3回転フリップ―3回転トウループを綺麗に決めると、波に乗った。最終滑走の張りつめた空気に動じず、本来の演技を披露。最後まで大きなミスなく滑り切った。キスアンドクライで得点を見ると唖然。「え~っ!」と声を上げ、信じられない様子だった。

 同組では紀平が3回転アクセル2本を決め、驚異の演技を披露。5連覇を目指した宮原を含め、歴史的死闘となったが、SP、フリーともに安定した演技を見せた坂本が初の全日本女王に輝いた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集