[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、圧巻の155.01点! 合計223.76点で史上最大の逆転Vに望み、3A2発決めた!

 フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(関大KFSC)が155.01点をマークし、合計223.76点。4人を残して暫定首位に立ち、史上最大の逆転Vに望みをつないだ。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

全日本選手権女子フリー

 フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(関大KFSC)が155.01点をマークし、合計223.76点。4人を残して暫定首位に立ち、史上最大の逆転Vに望みをつないだ。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

「Beautiful Storm」に乗せ、紀平は冒頭の3回転アクセル―3回転トウループを着氷。続く単発の3回転アクセルも完璧に決め、会場を一気に引き込んだ。後半も3回転ルッツ―2回転トウループなどを綺麗に着氷。美しいステップ、スピンで魅了し、大きなミスなく演じ切った。滑り終えると、大きな拍手が降り注いだ。

 SPは代名詞の3回転アクセルで転倒。5位と出遅れ、位の宮原知子(関大)とは8.01点差がつけられていた。逆転優勝を飾れば、鈴木明子が浅田真央との2.82点差をひっくり返した13年を上回る女子史上最大の逆転Vとなる。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集