[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、V3へ鬼気迫る熱演! 直前練習でアクシデントも… 102.06点で首位発進

フィギュアスケートの全日本選手権(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は22日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、3連覇を目指す宇野昌磨(トヨタ自動車)は102.06点で首位発進となった。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

全日本選手権男子SP、6分間練習で足を気にする素振りもお構いなし

 フィギュアスケートの全日本選手権(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は22日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、3連覇を目指す宇野昌磨(トヨタ自動車)は102.06点で首位発進となった。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 第4組先頭、18番滑走で登場した宇野は「天国への階段」に合わせ、冒頭の4回転フリップを綺麗に着氷。4回転トウループ―2回転トウループ、3回転アクセルも決めた。直前の6分間練習の途中で違和感を覚えたのか、足を気にするような素振りを見せたが、お構いなし。最後までミスなく演じ切り、演技後は鬼気迫る表情で会心のガッツポーズを決めた。

 得点は102.06点。この時点で暫定首位となったが、以降も得点を超える選手はおわらず、首位発進となった。

 今大会は羽生結弦(ANA)が2年連続欠場し、優勝の大本命。17日に21歳を迎えたばかりの宇野がまずは首位で船出した。同組の22番滑走で5年ぶり出場となる高橋大輔(関大KFSC)が登場する。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集