[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベ、特効薬なき“新旧女王の明暗”に海外メディア脚光「ザギトワと対照的な運命」

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・さいたま)の代表選考を兼ねたロシア選手権(サランスク)は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワは62.24点でまさかの14位発進に。五輪公式メディアは「メドベージェワの悲運」と報じている。

ロシア選手権のSPで明暗が分かれたザギトワ(左)とメドベージェワ【写真:Getty Images】
ロシア選手権のSPで明暗が分かれたザギトワ(左)とメドベージェワ【写真:Getty Images】

オーサー氏が「特効薬は存在しない」と語っていたこともレポート

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・さいたま)の代表選考を兼ねたロシア選手権(サランスク)は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワは62.24点でまさかの14位発進に。五輪公式メディアは「メドベージェワの悲運」と報じている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 カナダに拠点を移して心機一転の今季、かつての絶対女王が苦しんでいる。シーズン途中で変更を決断したオペラ曲「トスカ」に乗せたプログラムはジャンプで転倒するなど、精彩を欠いた。得点は62.24点。出場18選手のうち、9人が70点を超えたハイレベル決戦から取り残され、よもやの14位発進となった。

 IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」では「メドベージェワの悲運」として注目した。記事では「五輪王者のアリーナ・ザギトワと平昌銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワは対照的な運命を迎えた」と新旧女王の明暗について言及。「メドベージェワは新しいSPをサランスクで披露したが、ダブルアクセルも失敗した」とレポートした。

 今季はシニア転向後初めてGPファイナル進出を果たせなかったメドベージェワに対し、新たにコーチに就任したブライアン・オーサー氏が「特効薬は存在しない」と語っていたことも記事では改めて紹介。その上で「カナダ人のコーチの忍耐を求める願いは世界選手権2大会覇者の失意のスケートの後で、再び響き渡ることになった」と伝えている。

 14位から挑む22日のフリー。まずはベストの演技で一つでも上の順位を目指したい。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集