[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

重鎮タラソワ氏、男子復活Vに捧ぐ“涙の喝采”に海外感動「この反応は極めて貴重だ」

フィギュアスケートのロシア選手権は21日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のマキシム・コフトゥンが合計281.59点で3年ぶり4度目の優勝を果たした。故障などを乗り越えて復活した23歳の演技後、解説を務めていたロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏は涙ながらにスタンディングオベーション。母国の後輩に対して愛があふれた感動的なシーンを海外メディアが画像付きで「この反応は極めて貴重だ」と公開している。

コフトゥンの復活にタラソワ氏も歓喜した【写真:Getty Images】
コフトゥンの復活にタラソワ氏も歓喜した【写真:Getty Images】

コフトゥンの復活Vに思わず涙、立ち上がるも拍手できず…

 フィギュアスケートのロシア選手権は21日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のマキシム・コフトゥンが合計281.59点で3年ぶり4度目の優勝を果たした。故障などを乗り越えて復活した23歳の演技後、解説を務めていたロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏は涙ながらにスタンディングオベーション。母国の後輩に対して愛があふれた感動的なシーンを海外メディアが画像付きで「この反応は極めて貴重だ」と公開している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 苦難を乗り越えた23歳に対する思いがあふれ出た。コフトゥンがフリーを迫真の内容で演じ切って会心のガッツポーズを炸裂させると、場内は一躍、大歓声に包まれた。故障など、苦しい時期を過ごしながら復活を印象づけた4分間。すると、現地の国営放送で解説を務めていたタラソワ氏は思わず、立ち上がった。

 スタンディングオベーションに加わるが、拍手を送れない。真っ青なストールを巻いた首元に両手を当て、こみ上げるものを堪えるように肩を揺らす。それほどの感動だったのだろう。隣で拍手を送っていた02年ソルトレイクシティ五輪金メダリストのアレクセイ・ヤグディン氏が肩に手をやり、慮ったほどだった。

 米フィギュア専門誌「IFSマガジン」公式ツイッターは実際の様子を画像付きで公開。「金曜日のフリースケートでのタチアナ・タラソワのマキシム・コフトゥンに対する反応は極めて貴重だ」とづづり、感激ぶりをレポートしている。

 タラソワ氏自身も自身のインスタグラムで「私はマキシムが戻ってきて本当に嬉しい。あなたはオリンピックで勝って成功を収めることができなかった。問題はこれだけではないけれど、一般的には全てとみなされてしまう」と期待されながら五輪に届かなかったコフトゥンを慮り、さらに復活に導いた陣営に対して「ありがとう」と感謝のメッセージをつづっていた。

 タラソワ氏といえば、ロシアのみならず、世界に知られるフィギュア界の重鎮。厳しい声を投げかけることもあるが、その裏には選手に対して誰よりも深い愛がある。そんな71歳の人柄がにじみ出た姿は感動を呼んでいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集