[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2018】大谷翔平、雨中の“18禁スプリット”に米ファン恍惚「閲覧禁止にすべき」

2018年も、もう残り僅か。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は5月に米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が投じた“18禁スプリット”だ。今年、MLBに大きなインパクトを残した二刀流右腕の“宝刀”をMLBが「オオタニのスプリットはただただ不気味」と題し、動画付きで公開。米ファンに大きな反響を呼んだ。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―5月に演じた“消える宝刀”が大反響

 2018年も、もう残り僅か。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は5月に米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が投じた“18禁スプリット”だ。今年、MLBに大きなインパクトを残した二刀流右腕の“宝刀”をMLBが「オオタニのスプリットはただただ不気味」と題し、動画付きで公開。米ファンに大きな反響を呼んだ。

【特集】「風を切る音が心地良くて」 最強レーサーが車いす陸上に魅了された理由 / 車いす陸上 佐藤友祈選手(GROWINGへ)

 今年、「投手・大谷」が残したインパクトは、この球種が大きかった。とりわけ脚光を浴びたのは、5月30日の敵地タイガース戦。1-1と同点で迎えた3回2死二塁、なんとしても勝ち越しは避けたい場面で大谷が選んだのは、スプリットだった。

 カウント1-2からの5球目。内角高めに浮いた白球を打ちごろととらえた3番の左打者カンデラリオが打ちにかかる。しかし、それを予期していたかのようにストンと落ちた。打者の手元で急激に沈み、ボールゾーンへ。あまりの落差にバットに当てることもできない。華麗に空振り三振に斬って捨てた。

 圧巻の1球を「大谷のスプリットはただただ不気味」と題し、公式ツイッターに動画付きで公開。映像を観たファンから「これは反則にするべきだ」「凄いピッチング」「これは荒っぽいね、彼は良いスプリットを持ってると思うよ」「18歳未満は閲覧禁止にすべき」などとおののく声が上がっていた。

 この日の大谷は5回1失点と好投しながら6回に2度目の降雨中断を挟んだ影響もあり、同点のまま降板。勝ち星はつかなかったが、今年は「投手・大谷」としても10登板ながら最速101マイル(約163キロ)の直球と宝刀スプリットで4勝をマークし、数字以上に印象的なシーンを数々残した。

 新人王を獲得し、12月に入って日本で各賞の表彰式に引っ張りだこになっている大谷。右肘を手術した影響で投手としての復帰は20年以降になるが、マウンドで再び躍動する姿を誰もが待ち望んでいる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集