[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベージェワ復活なるか― ロシアの名コーチが提言する2つのポイントとは?

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは、女子では紀平梨花(関大KFSC)の衝撃的な初優勝で幕を閉じたが、2018年のフィギュア界の熱い戦いはまだ続く。20日開幕の全日本選手権と同様、大きな注目を集めているのがロシア選手権(20日開幕)だ。ロシアのトップスケーター達が一堂に会するビッグイベントには、平昌五輪金メダリストでGPファイナル2位のアリーナ・ザギトワや、平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワらが出場。今季不振が続くメドベージェワに対して、同国の名コーチが復活のカギを提言している。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

五輪金メダリストを指導した名コーチが復活へのカギを提言

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは、女子では紀平梨花(関大KFSC)の衝撃的な初優勝で幕を閉じたが、2018年のフィギュア界の熱い戦いはまだ続く。20日開幕の全日本選手権と同様、大きな注目を集めているのがロシア選手権(20日開幕)だ。ロシアのトップスケーター達が一堂に会するビッグイベントには、平昌五輪金メダリストでGPファイナル2位のアリーナ・ザギトワ、平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワらが出場。今季不振が続くメドベージェワに対し、同国の名コーチが復活のカギを提言している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 エリザベータ・トゥクタミシェワこそ肺炎のため欠場するが、ジュニアを含めたロシアのトップスケーターがそろう中で、“女王”は復活を果たせるのか。長野五輪男子金メダルのイリヤ・クーリック、1999年の世界選手権金メダリストのマリヤ・ブッテルスカヤらを指導した経験を持つヴィクトル・クドリャフツェフ氏が、ロシアメディア「R-sport」に語っている。

 メドベージェワは今季スケートカナダで3位、フランス国際で4位に終わり、出場2大会連覇していたGPファイナル出場権を逃した。

「メドベージェワは、1つに必ず複雑性を得る必要がある、なぜなら彼女のプログラムはこの基準においてアリーナとキヒラのプログラムに負けているから。2つ目にジェーニャは滑りにスピードを、そしてすべてのエレメンツに軽やかさを加えることが必要だ、特にジャンプに」と同氏は指摘している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集