[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ立てるんだ!? フューリーの“ゾンビばり生還”に海外驚愕「彼は不死身か?」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが1日(日本時間2日)米ロサンゼルスで行われ、王者のデオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が対戦。12ラウンド戦い抜いた末の判定の結果、ジャッジの採点は三者三様のドローとなった。熾烈な頂上決戦となったが、注目を集めているのはワイルダーが12回に強烈な左フックでダウンを奪うも、フューリーが驚異の粘りを見せて立ち上がってくる場面。米メディアが動画を公開すると、「まるでゾンビだ」「彼は不死身か?」などとファンを驚愕させている。

元3団体統一王者タイソン・フューリー【写真:Getty Images】
元3団体統一王者タイソン・フューリー【写真:Getty Images】

注目のヘビー級タイトルマッチで12回にドラマが…

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが1日(日本時間2日)米ロサンゼルスで行われ、王者のデオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が対戦。12ラウンド戦い抜いた末の判定の結果、ジャッジの採点は三者三様のドローとなった。熾烈な頂上決戦となったが、注目を集めているのはワイルダーが12回に強烈な左フックでダウンを奪うも、フューリーが驚異の粘りを見せて立ち上がってくる場面。米メディアが動画を公開すると、「まるでゾンビだ」「彼は不死身か?」などとファンを驚愕させている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 40戦全勝(39KO)のワイルダーVS27戦全勝(19KO)のフューリーによる一戦は、近年最大のヘビー級タイトルマッチと言われ、戦前から両者が大いに火花を散らしたが、実際の試合も熱かった。

 最大のドラマが待っていたのが最終12ラウンドだ。ポイントでは劣勢に立たされていたワイルダーはラウンド開始40秒。距離を詰めながら、右ストレートを放ち、そして渾身の力で返す刀での左フック。まともに食らったフューリーは仰向けに、大の字になって倒れこんだ。

 この試合2度目のダウン。これは終わった――。ワイルダー自身も確信した。しかし、カウント9でフューリーは体をむくりと起こし、立ち上がったのだ。ファイティングポーズを取り、続行をアピール。試合が再開された。結局ワイルダーは倒し切れず、決着は判定にもつれ込んだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集