[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山口茜、頂上決戦制して連覇 ライバル撃破のカギとなった“逆転現象”とは?

守る山口と、攻める奥原――。いつもとは異なる展開が、勝敗を分けた。全日本総合バドミントン選手権大会は2日に駒沢体育館で最終日を迎え、女子シングルス決勝は、世界ランキング2位の山口茜(再春館製薬所)が2-1(21-16、17-21、21-11)で同5位の奥原希望(日本ユニシス)を破って連覇を飾った。

奥原希望、山口茜【写真:平野貴也】
奥原希望、山口茜【写真:平野貴也】

山口が奥原との頂上決戦を制して連覇達成

 守る山口と、攻める奥原――。いつもとは異なる展開が、勝敗を分けた。全日本総合バドミントン選手権大会は2日に駒沢体育館で最終日を迎え、女子シングルス決勝は、世界ランキング2位の山口茜(再春館製薬所)が2-1(21-16、17-21、21-11)で同5位の奥原希望(日本ユニシス)を破って連覇を飾った。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 山口は、ネット前からの強打を返すなど、多くのスーパーレシーブを見せた。最後は、強打を返して形勢逆転に成功した山口がスマッシュ。アウトと判定されたが「(観戦者のことも考えると)どうなのかなと思うけど、ギリギリでも(ラインに)かすっていればイン。点差はあったけど、いつ追い上げられるか分からない。どんな1点でも欲しかった」と話した山口がチャレンジ(映像検証による再判定)に成功し、最後のポイントを奪った。

 敗れた奥原は「いつもは茜ちゃんが攻めて、私が守る展開だけど、今日は、私が攻めて、茜ちゃんが守る展開が多かった。攻撃面で良いところは出たけど、最後の詰めが甘くて、ミスが多く、ファイナルゲームは流れをつかむことができなかった」と試合を振り返った。

 攻守の逆転現象が、ポイントだった。勝った山口は「シングルスは(自分から)攻めるのを少し我慢するというのをテーマにして来て、上手くできたかなと思う」と手ごたえを示した。攻め急いで不利な状況を作ってしまう課題に取り組んだ大会だ。しかし、過去には、同じテーマを持っていても競ったり、リードを奪われたりすると、攻めなければ追いつけないという意識が生まれ、我慢しきれない試合もあった。「あまり勝つ自信はなくて、試合前はボコボコにされるんじゃないかと不安もあった」と話した奥原戦でやり切れるかどうかが問題だったが、準々決勝でヒントを得た。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集