[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳紀平梨花、また逆転V! 連勝でGPファイナル初進出確定 三原舞依と1、2位独占

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の紀平梨花(関大KFSC)が138.28点をマークし、合計205.92点で優勝。NHK杯に続く連勝でファイナル初進出を確定させた。

紀平がフランス杯で逆転V【写真:Getty Images】
紀平がフランス杯で逆転V【写真:Getty Images】

GPシリーズ第6戦フランス杯、三原2位、本田6位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の紀平梨花(関大KFSC)が138.28点をマークし、合計205.92点で優勝。シニアGP初出場初優勝を飾ったNHK杯に続く連勝でファイナル(カナダ・バンクーバー)初進出を確定させた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 紀平は冒頭で挑んだ代名詞の3回転アクセルをなんとか着氷。以降は高さのあるジャンプにキレのいいステップ、スピンで魅了した。NHK杯で2本跳んだ3回転アクセルは1本にとどめたが、しっかりとまとめ、合計200点超をマーク。逆転Vを飾った。

 SP首位の三原舞依(シスメックス)は合計202.81点で2位、同4位の本田真凜(JAL)は合計188.61点で6位だった。平昌五輪銀メダリストのSP3位エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)はジャンプでミスが相次ぎ、合計192.81点で4位に終わった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集