[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田真凜は「自信に溢れている」 復調に欧州実況席称賛「前回とは完全に別人です」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯が開幕。23日(日本時間24日)の女子ショートプログラム(SP)では、三原舞依(シスメックス)が67.95点で首位発進。注目の16歳紀平梨花(関大KFSC)は67.64点で2位、17歳の本田真凜(JAL)が65.37点で4位と日本勢トリオが順調に滑り出した。

フランス杯SPで17歳の本田真凜は4位に入った【写真:Getty Images】
フランス杯SPで17歳の本田真凜は4位に入った【写真:Getty Images】

欧州で中継するユーロスポーツは本田の演技をどう伝えたのか

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯が開幕。23日(日本時間24日)の女子ショートプログラム(SP)では、三原舞依(シスメックス)が67.95点で首位発進。注目の16歳紀平梨花(関大KFSC)は67.64点で2位、17歳の本田真凜(JAL)が65.37点で4位と日本勢トリオが順調に滑り出した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 中でもGPシリーズ初戦では右足首痛の影響で8位に終わった本田について、欧州で中継していた衛星放送局「ユーロスポーツ」の解説者は「スケートアメリカ後にハードワークしたのでしょう。完全に別人のスケーターになっています」と変貌ぶりを絶賛している。

 真紅のコスチュームでリンクに飛び出した本田。すると実況は「日本のマリン・ホンダ、元ジュニア女王です」と紹介。そして、「グランプリシーズン当初のスケートアメリカでは低迷がありました。そこからどう成長したのか見てみましょう」と語り、復調ぶりに注目した。

「Seven Nations Army」の調べに乗せて舞った本田は、冒頭の3回転ループ―3回転トーループのコンビで回転不足を取られたが、実況は「よくやりました」と評価。17歳とは思えない情感を湛えた演技に、「本当に自信に満ち溢れている」と付け加えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集