[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベージェワがまさか… ミス相次ぎ自己ワースト4位、初の“表彰台落ち”に呆然

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、平昌五輪銀メダリストでショートプログラム(SP)3位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は125.26点で合計192.81点。シニアデビュー後、自己ワーストの4位に終わり、初めて表彰台を逃した。GPファイナル(カナダ・バンクーバー)出場を逃すのも初となった。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

シニアデビュー以降初の表彰台落ち、GPファイナル出場権も初めて逃す

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、平昌五輪銀メダリストでショートプログラム(SP)3位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は125.26点で合計192.81点。シニアデビュー後、自己ワーストの4位に終わり、初めて表彰台を逃した。GPファイナル(カナダ・バンクーバー)出場を逃すのも初となった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 女王が苦しんだ。メドベージェワは冒頭の2回転アクセルでバランスを崩して手を突いた。以降もジャンプにミスが相次ぎ、動きもキレを欠いた。滑り終えても笑顔はなし。フリー5位となる125.26点のスコアが表示されると呆然とした表情で見つめた。逆転Vを目指しながら、逆に順位を落として4位に終わった。

 メドベージェワはシニアデビューした15-16年シーズン以降、世界選手権2度制覇、平昌五輪銀メダルを始め、3シーズンで出場した大会すべてで2位以上を確保。しかし、今季は不調が続き、前戦のスケートカナダで3位に終わると、今回は表彰台も逃した。シニアデビュー以降、初となる結果となった。

 これにより、かつて連覇も果たしたGPファイナル出場権を逃す結果に。今オフにエテリ・トゥトベリーゼ氏の下からブライアン・オーサー氏に師事し、環境を変えて飛躍を目指していたが、苦しんでいる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集