[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 英ラグビー選手が愛犬の“反則”で遠征参加ピンチ「ショックでどうすればいいか…」

英ラグビー選手が愛犬の“反則”で遠征参加ピンチ「ショックでどうすればいいか…」

ラグビー・イングランド3部リーグに所属する選手が、スペイン遠征前に愛犬にパスポートを食べられてしまい、あわや出国不可能というアクシデントに見舞われ、話題になっている。英公共放送「BBC」が報じている。

スペイン遠征直前にあわや出国不可の事態…その理由が英国で話題に

 ラグビー・イングランド3部リーグに所属する選手が、スペイン遠征前に愛犬にパスポートを食べられてしまい、あわや出国不可能というアクシデントに見舞われ、話題になっている。英公共放送「BBC」が報じている。

 愛らしい飼い犬に“反則”を食らったのは、ナショナルリーグ1部(英3部相当)2位につけるプリマス・アルビオンのフルバック、マット・シェパード。名前も愛犬家にふさわしいラガーマンは、今季のチームでの活躍が認められ、ラグビー連合の選抜チームの一員としてスペイン遠征を控えていた際、ある異変に気付いたという。

「帰宅したら、床に紙切れが転がっていたんだ。最初は何なのかわからなかった。ベッドを見ると、彼がパスポートを咥えていたんだ。ショック状態でどうすればいいのか分からなかったよ」

 記事では、シェパードはこう語ったという。「彼」とは耳が大きく垂れ下がったコッカー・スパニエルという犬種のミスター・ブーツ君のこと。主人がパスポートの有効期限を確認しようと、テーブルの上に置いていたパスポートを食べてしまっていたというのだ。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー