[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 全仏へ見えた光― 錦織、死闘4強で掴んだ自信「こういう試合勝てたことは重要」

全仏へ見えた光― 錦織、死闘4強で掴んだ自信「こういう試合勝てたことは重要」

男子テニスのジュネーブ・オープンは25日、準々決勝が行われ、世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)が同62位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)戦でフルセットの死闘の末に2-6、6-4、7-6で4強進出。驚異の粘りでポイントを奪ったバックハンドが「グレートショット」とATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで称賛するなど、再三のピンチを跳ね返して逆転勝ちした。

復調の錦織、3度のマッチポイントを凌いで逆転準決「自分にとってすごく大きい」

 男子テニスのジュネーブ・オープンは25日、準々決勝が行われ、世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)が同62位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)戦でフルセットの死闘の末に2-6、6-4、7-6で4強進出。驚異の粘りでポイントを奪ったバックハンドが「グレートショット」とATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで称賛するなど、再三のピンチを跳ね返して逆転勝ちした。

 復調気配の錦織は「こういった試合で勝てたことは重要」と相手のマッチポイントを3度も凌いだ逆転劇に自信を浮かべている。ATPワールドツアー公式サイトが報じた。

 激闘だった。何度も崖っぷちに追い込まれながら、錦織は2時間29分に及んだ死闘を制した。

 試合後、手にした白星の価値の大きさを示すように、錦織はこう語ったという。

「ここまで相手にマッチポイントを迎えられた挙句、勝った試合はそこまで多くない。自分にとってすごく大きい」

 第1セットをいきなり奪われた錦織は第3セットでも追い詰められ、ゲームカウントも一時は2-4とリードされた。アンダーソンが手にした3度のマッチポイントを凌ぎ、4強進出を手にした。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー