[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、“手負いの熱演”にタラソワ氏が解説忘れる感動「なぜなら彼は闘ったから」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が167.89点をマーク。合計278.42点で自身初のGPシリーズ連勝を飾った。当日の公式練習で転倒し、右足首を痛めながら果たした戴冠。現地放送局で解説を務めたロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏は「彼は闘った。引き下がらなかった」「未来を切り開く人を愛してる」と賛辞を送り、自身のインスタグラムで直接労った実際のシーンを画像付きで公開している。

GPシリーズ連勝を飾った羽生【写真:Getty Images】
GPシリーズ連勝を飾った羽生【写真:Getty Images】

演技後、立ち上がって拍手「コメントしなきゃいけないことさえ忘れた」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が167.89点をマーク。合計278.42点で自身初のGPシリーズ連勝を飾った。当日の公式練習で転倒し、右足首を痛めながら果たした戴冠。現地放送局で解説を務めたロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏は「彼は闘った。引き下がらなかった」「未来を切り開く人を愛してる」と賛辞を送り、自身のインスタグラムで直接労った実際のシーンを画像付きで公開している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 魂を込めた4分間の舞いはタラソワ氏の心を確かに打った。右足首に痛みを抱えながら、序盤の4回転ジャンプ2本を綺麗に着氷。美しいステップ、スピンで魅了し、後半に転倒こそあったが、堂々と演じ切った。アクシデントを知る観衆から無数のくまのプーさんが投げ込まれると、放送席にいたタラソワ氏も立ち上がって拍手を送り、リンク上の羽生を称えた。

 解説に戻ると、タラソワ氏は手放しで称えた。「知ってますか? 私はコメントをしなければならないことを忘れてさえいました。なぜならハニュウが闘ったから、とてつもない大きな喜びを得ていたからです」と我を忘れる感動だったことを明かした。その上で、手負いの状態で演じ切ったことに賛辞を述べている。

「今日の練習での転倒と怪我でもちろん、少し心の動揺があったでしょう。でも彼は闘った。引き下がらなかった。彼は試合に出た。私たちは地平線の彼方に彼とともにある秘められたものを見ている。なぜなら私たちは自分たちの将来を(そこに)見ているから、本当にありがとう」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集