[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「フェデラーは復活できるのか?」 米ESPNが精彩欠いた王者を特集「十分可能だが…」

男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」は11日(日本時間12日)、1次リーグ初戦で世界ランク9位・錦織圭(日清食品)が同3位ロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで撃破した。今大会16度目の出場で、1次リーグでは通算46試合目で初めてストレート負けを喫した王者。明らかに精彩を欠いたパフォーマンスだったが、次戦以降で立て直せるのか。米放送局ESPNは「ロジャー・フェデラーはここから復活できるのか?」と題して、土俵際に追い込まれたV候補が再浮上する可能性を特集している。

フェデラーは錦織相手にストレート負けを喫した【写真:Getty Images】
フェデラーは錦織相手にストレート負けを喫した【写真:Getty Images】

錦織に敗れ、追い込まれたフェデラーを米放送局が特集

 男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」は11日(日本時間12日)、1次リーグ初戦で世界ランク9位・錦織圭(日清食品)が同3位ロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで撃破した。大会16度目の出場で、1次リーグでは通算46試合目で初めてストレート負けを喫した王者。明らかに精彩を欠いたパフォーマンスだったが、次戦以降で立て直せるのか。米放送局ESPNは「ロジャー・フェデラーはここから復活できるのか?」と題して、土俵際に追い込まれたV候補が再浮上する可能性を特集している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 錦織の粘りの前に屈したフェデラー。ミスが続出し、本来の姿とは程遠かった。同局は「ATPファイナル初戦はフェデラーにとって波乱あるものとなった。彼は100回目となるタイトル獲得を狙っていた。(次戦の開始となる)48時間以内に調子を戻せるのか」として、まずは試合をレポートしている。

「彼の出来は明らかに悪かった。34回の凡ミスを犯し、イライラしていた。我慢できずにフラストレーションを募らせた。彼はボールを観客に打ち込むルール違反で警告を受けた」

 記事では第1セットの緊迫した場面で、フラストレーションを隠さず、客席にボールを打ち込むという“らしからぬ振る舞い”で警告を受けたことを紹介。それでも、「フェデラーは第1セットを取ることができたはず。彼はニシコリのサーブに対して何度もチャンスを創出したが、ブレークポイントを取ることができなかった。タイブレークは彼にとって嫌悪感のあるショーとなった。ブレークから始まった第2セットもフェデラーを助けてはくれなかった」と続け、ミスから自身を見失っていったと伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集