[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

池江璃花子を五輪サイト特集 「傑出したシーズンは続く」「2020年に大きな期待」

短水路で争う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会は11日、女子100メートルバタフライで池江璃花子(ルネサンス亀戸)が55秒31の日本新記録をマークし、リオ五輪金メダリストのサラ・ショーストロム(スウェーデン)を破って優勝した。レース後に池江はインスタグラムを更新。直接対決で破ったライバルらと交流する1枚を公開すると、「凄い3ショットだ!」などと反響を呼んでいたが、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は池江の女王撃破を称賛している。

W杯の女子100メートルバタフライで優勝した池江【写真:Getty Images】
W杯の女子100メートルバタフライで優勝した池江【写真:Getty Images】

金メダリストを破って優勝した最強女子高生を五輪サイトが特集

 短水路で争う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会は11日、女子100メートルバタフライで池江璃花子(ルネサンス亀戸)が55秒31の日本新記録をマークし、リオ五輪金メダリストのサラ・ショーストロム(スウェーデン)を破って優勝した。レース後に池江はインスタグラムを更新。直接対決で破ったライバルらと交流する1枚を公開すると、「凄い3ショットだ!」などと反響を呼んでいたが、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は池江の女王撃破を称賛している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 リオ五輪の女王で世界記録保持者のショーストロムを破った日本の最強女子高生に、海外も注目している。同サイトは「リカコ・イケエの傑出したシーズンは東京でも続く」と見出しをつけて、脚光を浴びせている。

「アジア大会で6冠を獲得した彼女が、オリンピックのメダリストで、世界記録保持者の女王、サラ・ショーストレムを下した」

 記事ではホームで東京五輪の最大のライバルに勝利したことを紹介。「東京で育った彼女には2020年の五輪出場という大きな期待が寄せられている。しかし、彼女は周りのサポートを受け、正しい方法で進んでいくだろう」と日本国内で大きな期待がかけられていることにも触れている。

 短水路とは言え、ショーストロムに初めて勝った池江。大きな自信を手にした18歳に、海外も熱視線を浴びせている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集