[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

こんなフェデラー見たことない!? 衝撃の“顔面自打球”に動揺の声「何が起きた?」

男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」は11日(日本時間12日)、1次リーグ初戦で世界ランク9位・錦織圭(日清食品)が同3位ロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで撃破した。精彩を欠き、今大会の1次リーグ通算46試合目で初のストレート負けを喫したフェデラー。不調を象徴するようなシーンをATP公式中継サイト「テニスTV」が動画で公開。名手らしからぬ“自打球”にファンの間には動揺が広がっている。

フェデラーの不調を象徴するような珍場面をテニスTVが公開している【写真:Getty Images】
フェデラーの不調を象徴するような珍場面をテニスTVが公開している【写真:Getty Images】

精彩を欠くフェデラーを象徴するようなシーンが発生

 男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」は11日(日本時間12日)、1次リーグ初戦で世界ランク9位・錦織圭(日清食品)が同3位ロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで撃破した。精彩を欠き、今大会の1次リーグ通算46試合目で初のストレート負けを喫したフェデラー。不調を象徴するようなシーンをATP公式中継サイト「テニスTV」が動画で公開。名手らしからぬ“自打球”にファンの間には動揺が広がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 どうにも様子がおかしい。ミスを連発し、錦織に4年半ぶりの敗戦を喫したフェデラー。第1セットから象徴するようなシーンがあった。第2ゲーム、0-15の場面。錦織のサービスに対しバックハンドでリターンしようとしたフェデラーだったが、次の瞬間まさかの光景が広がった。

 ボールは相手コートへ渡るどころか、なんと自らのアゴを直撃。まさかの“顔面自打球”となってしまった。テニスTVは公式インスタグラムで「テニスボールがどこに。ロジャー・フェデラーの元へ」とつづり、衝撃の瞬間を動画で公開。名手が演じた珍ミスに、ファンからは動揺の声が上がっている。

「何が起こったんだ?」
「今日は彼の日ではなかった」
「彼も年かな…」
「これは不運だ、フェデラー」
「彼はなぜ自分に当たったのか分かってないみたい」
「何てこった」
「レジェンドでもミスはある」
「新しいトリックショットかな」

 結局序盤から精彩を欠いたフェデラーはらしくないプレーを連発し、第1セットはタイブレークの末に競り負けると、第2セットも本来の姿を取り戻すことはなかった。1次リーグの試合は続くとはいえ、窮地に立たされた王者。結果次第では敗退の可能性もある、ドミニク・ティエム(オーストリア)との第2戦では本領発揮を期待したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集