[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、権威ある米リング誌の最新号表紙に登場「スターたちを抜擢しました」

井上尚弥、権威ある米リング誌の最新号表紙に登場「スターたちを抜擢しました」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。2018年にバンタム級転向後、ジェイミー・マクドネル(英国)とフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)という元世界王者を倒した「The Monster」はボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング」の表紙でボクシング界のスーパースターと堂々の共演を果たしている。

「リング誌」の表紙に登場した井上尚弥【写真:Getty Images】
「リング誌」の表紙に登場した井上尚弥【写真:Getty Images】

権威あるリング誌最新号の表紙に並み居るスターに交じって登場

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。2018年にバンタム級転向後、ジェイミー・マクドネル(英国)とフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)という元世界王者を倒した「The Monster」はボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング」の表紙でボクシング界のスーパースターと堂々の共演を果たしている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ボクシングファンのバイブルとも呼ばれる米リング誌は、日本の誇るメガスターを来年1月号の表紙に抜擢した。リング誌公式ツイッターでは「ということで、来年1月号は表紙にスターたちを抜擢しました」というメッセージとともに、表紙の画像を紹介した。

 世界2階級制覇王者のサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)を中心に、世界ヘビー級3団体統一王者アンソニー・ジョシュア(英国)、WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)、WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)、世界クルーザー級統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)ら現在のボクシング界のスーパースターとともに、両手を広げた井上も表紙に登場している。

 井上はリング誌選定の最新のパウンド・フォー・パウンドで、パヤノをわずか70秒でKOした後、順位を1つ上げて6位につけている。

 世界5傑が目前に迫る日本のノックアウトキングの実力を、“ボクシングの聖書”も改めて評価しているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー