[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 9位後退の錦織、数字で見えた“凄み” 125週連続トップ8、5位以内は65週君臨

9位後退の錦織、数字で見えた“凄み” 125週連続トップ8、5位以内は65週君臨

男子テニスの最新世界ランキング(5月15日付)が発表され、錦織圭(日清食品)は1つ下げ、9位となった。これにより、14年9月から守り続けたトップ8から陥落。全仏オープン(28日開幕)で準々決勝まで上位との対戦を避けられる第8シード以内の確保へ、ピンチとなった。 

最新世界ランクで2年9か月ぶりトップ8陥落、最高位は4位、5位以内は連続26週

 男子テニスの最新世界ランキング(5月15日付)が発表され、錦織圭(日清食品)は1つ下げ、9位となった。これにより、14年9月から守り続けたトップ8から陥落。全仏オープン(28日開幕)で準々決勝まで上位との対戦を避けられる第8シード以内の確保へ、ピンチとなった。 

 錦織は14年9月8日付で初のトップ10となる8位に上昇。同年11月3日付で初のトップ5、15年3月2日付で自己最高の4位に浮上するなど、トップ8を守り続けてきた。在位期間、実に125週。トップ5には連続で26週、延べ65週に渡って君臨していた。実に2年9か月ぶりにトップ8から転落こそしたが、数字でキャリアを辿ると日本のエースの凄みが見える。

 全仏オープンでは9位以下なら第8シード以内を得られず、早い段階で強豪のシード選手と激突する可能性もある。ランキング回復には、今週のイタリア国際でポイントを稼ぐ必要があるが、右手首の負傷により出場には慎重。果たして全仏の上位シード確保、トップ8返り咲きはなるか。錦織の巻き返しに期待したい。

 錦織の14年8月以降の全ランキングは以下の通り。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー