[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、衝撃の強さに世界が震撼「ビースト」「現実離れ」「PFP1位かもしれない」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1ラウンド70秒KOで下した。デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした「The Monster」に、海外のボクシングファンも「ビーストだ」「現実離れしている」と絶賛の嵐を巻き起こしている。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

戦慄の70秒KO劇に海外のボクシングファンが驚愕

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1ラウンド70秒KOで下した。デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした「The Monster」に、海外のボクシングファンも「ビーストだ」「現実離れしている」と絶賛の嵐を巻き起こしている。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 最強王者決定戦で井上が70秒KOという衝撃のデビューを果たした。左のジャブから、ワンツーの形で右ストレートを一閃すると、文字通り、パヤノが大の字でキャンバスに倒れこんだ。

 パヤノは五輪に2度出場。キャリアで一度もKO負けを喫したことがなかった難敵だったが、井上はバンタム級昇格後、2試合連続で1ラウンドKO勝ち。海外のボクシングファンもツイッター上で井上に対して賞賛の嵐を巻き起こしていた。

「ナオヤ・イノウエ、やばい。やばすぎる」
「あのワンツー。なんてことだ!レノックス・ルイス以来、こんなKO見たことがないよ」
「ナオヤ・イノウエは間違いなくビーストだ」
「この男は途方もない」
「ナオヤ・イノウエの異名、ザ・モンスターは偶然ではない。新階級で2試合連続1ラウンドKOとは」
「何て1日だ。ナオヤ・イノウエは野獣だ。この男はパウンド・フォー・パウンドで1位かもしれない。プリンス・ハメド以来の軽量級最強パンチャーだ」
「階級のことは忘れて構わない。ナオヤ・イノウエはボクシング界で最も破壊的なファイターだ」
「ナオヤ・イノウエはPFPランキングを飛翔する。あんなに小柄なのに」
「オーマイゴッド!! この大会でナオヤ・イノウエは恐怖されるだろう。何てショットだ」
「ナオヤ・イノウエのパワーはただただ現実離れしている」
「日本のマイク・タイソンだ」
「WBSSには疑いの余地がない本物のファイターがいる。軽量級では見ることができない生来のパワーだ」
「本当の怪物じゃないか」

 モンスターの異名通りの強さに、世界のボクシングファンも驚きを隠せない様子だ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集