[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、戦慄の70秒KOは「練習していたパンチ」 次戦相手は「予想ではロドリゲス」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1ラウンド70秒KOで下し、デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。

パヤノ相手に衝撃のKO勝ちを収めた井上尚弥【写真:荒川祐史】
パヤノ相手に衝撃のKO勝ちを収めた井上尚弥【写真:荒川祐史】

試合後会見の一問一答で70秒KO劇振り返る

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1ラウンド70秒KOで下し、デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 井上の試合後の会見での一問一答。

―KOパンチについて。

「最後のパンチというか最初のパンチでもありましたね。(左を)内側から入れて死角を作ってからの右ストレート。練習していたパンチ。最初に距離感というか、出合頭というか一撃がフィットしたそういう感じでした」

―次戦の対戦相手はどちらを予想している?

「予想ではロドリゲスが勝ちあがってくるのではないかと思っている」

―相手との距離は見切っていた?

「思ったよりパヤノの踏切というか、バックステップして避けていたが、(パンチが伸びてきて)ボディーに届くなと感じていた。距離感は見切れていました」

―前回も早すぎてバンタム級への適応を気にしていたが。

「これだけ2試合続けて倒せている面では、バンタム級ではフィットしていると思う。ラフファイトやもみ合いは未知数なところはある。そういう場面を作らなければ、作らないほうがいいのですが……。そういうのは練習の中で課題をクリアしていけば問題ないかと思います」

大橋会長「当然の結果だと思っている」

井上真吾トレーナー「今日の尚弥は一瞬の踏み込みがベストだった」

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集