[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

強すぎる井上尚弥、戦慄の70秒KOは日本人の世界戦最速タイム 26年ぶりに記録更新

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦。1ラウンド70秒KO勝ちを収めた。戦慄の秒殺劇は日本人の世界戦最速KO勝利。デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。

衝撃のKO勝ちを収めた井上尚弥【写真:荒川祐史】
衝撃のKO勝ちを収めた井上尚弥【写真:荒川祐史】

1992年の平仲明信の記録を26年ぶりに更新

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦。1ラウンド70秒KO勝ちを収めた。戦慄の秒殺劇は日本人の世界戦最速KO勝利。デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 瞬きする魔もないとはこのことだ。まさに秒殺だった。1ラウンド開始1分過ぎ、井上は左で距離を測ると、ワンツーの右ストレート一閃。直撃したパヤノは失神。戦慄のKOシーンに会場にはどよめきが広がっていった。

 1ラウンド70秒でのKOは元WBA世界スーパーライト級王者・平仲明信が1992年にマークした初回92秒TKOを上回る、日本人の世界戦最速タイム。モンスターがまた一つ歴史に名を刻んだ。

 バンタム級デビュー戦でも6度防衛中のWBA王者ジェイミー・マクドネル(英国)に112秒で勝利。2戦連続の1ラウンドKOで、2試合でもわずか182秒――。まさに怪物の証だ。世界王者4人が参戦するWBSSバンタム級の栄えあるオープニング試合。世界120の国と地域で生中継される世界的にも注目度の高い1戦で、井上が衝撃を走らせた。

 衝撃的な強さで1回戦を突破したモンスター。準決勝(時期は未定)は、10月20日に米フロリダ州オーランドで行われる。18戦全勝のIBF王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)の勝者と激突する。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集