[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦2冠! 米メディア「フリー今季NO1投票」も圧勝、宇野昌磨とワンツー再現

羽生結弦2冠! 米メディア「フリー今季NO1投票」も圧勝、宇野昌磨とワンツー再現

男子フィギュアスケート界で今季、金字塔を打ち立てた羽生結弦(ANA)。世界選手権で自身が持つフリー歴代世界最高得点を更新して優勝し、逆転で3年ぶりに世界王者に返り咲いた。久石譲氏作曲の「ホープ&レガシー」に乗せて圧倒したフリーの演技でリンクを支配したが、海外のファンからも人気を博していた。米メディアが実施した「今季のフリーNO1ファン投票」で宇野昌磨(中京大)らを抑え、圧倒的な大差で1位を獲得。SP部門との2冠を達成した。

67%獲得でSPに続き“順当”の圧倒V、ファン感嘆「氷上の芸術作品」「世界に遺産残した」

 男子フィギュアスケート界で今季、金字塔を打ち立てた羽生結弦(ANA)。世界選手権で自身が持つフリー歴代世界最高得点を更新して優勝し、逆転で3年ぶりに世界王者に返り咲いた。久石譲氏作曲の「ホープ&レガシー」に乗せて圧倒したフリーの演技でリンクを支配したが、海外のファンからも人気を博していた。米メディアが実施した「今季のフリーNO1ファン投票」で宇野昌磨(中京大)らを抑え、圧倒的な大差で1位を獲得。SP部門との2冠を達成した。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は公式ツイッターで「2016-17年シーズンのベスト・フリーは誰?」と題し、投票機能を使ってファン投票を呼びかけた。ノミネートされたのは、ジェイソン・ブラウン(米国)、ネイサン・チェン(米国)、羽生、宇野の4人。米国の名手2人と国内のライバル宇野も含めた豪華な面々となったが、総投票数5777票を集めた結果は、またも日本のエースの圧勝となった。

1位 羽生結弦 67%
2位 宇野昌磨 20%
3位 ジェイソン・ブラウン 7%
4位 ネイサン・チェン 6%

 羽生は20%の2位宇野と47ポイント差となる67%を獲得。前日に行われたSPの投票では63%の支持を受けて圧勝していたが、今回はそれを上回る結果に。実に3人に2人が日本のエースに投票した形となり、ぶっちぎりでSP&フリーの2冠を達成した。

 2位の宇野も7%のブラウン、6%のチェンを引き離しており、しっかりと評価されている。世界選手権でも1、2位に入った“最強コンビ”が、再び上位独占。日本中を沸かせたワンツーを再現した。

 投票したファンからは「羽生支持」の理由を曲名にかけて述べるなど、熱烈なコメントが投げかけられている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー