[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ラドクリフ、記録白紙化に法的措置も 世界記録保持者と共闘「歴史は消し去れない」

ラドクリフ、記録白紙化に法的措置も 世界記録保持者と共闘「歴史は消し去れない」

欧州陸上競技連盟は、ドーピング問題への対応の一環として世界記録を抹消し、白紙の状態に戻すという提案を表明。急進的なアイデアにより、世界で賛否両論が沸き起こっているが、もし提案が実行された場合、世界記録保持者の一人は法的手段に訴えることも辞さない姿勢を明らかにしている。英紙「デイリー・メール」が報じた。

野口、渋井らとしのぎ削った女子マラソン世界記録保持者「私たちの意見に耳を傾けて」

 欧州陸上競技連盟は、ドーピング問題への対応の一環として世界記録を抹消し、白紙の状態に戻すという提案を表明。急進的なアイデアにより、世界で賛否両論が沸き起こっているが、もし提案が実行された場合、世界記録保持者の一人は法的手段に訴えることも辞さない姿勢を明らかにしている。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 強硬な考えを示したのは、女子マラソンの世界記録保持者、ポーラ・ラドクリフ(英国)だ。記事によれば、国際陸上競技連盟(IAAF)が2005年以前の世界記録を白紙に戻せば、法的措置も辞さないという。2005年というタイミングは、選手の血液と尿のサンプルがドーピング対策のために初めて保存された年であるとも併記している。

 ラドクリフは現役時代、野口みずき、渋井陽子ら日本勢のライバルに君臨。2002年に従来の世界記録を1分以上更新する2時間17分18秒をマーク、翌年にはさらに2分近く更新する2時間15分25秒という驚異的なタイムを記録した。これは14年たった今も更新されておらず、あまりに飛び抜けた記録だったため、ドーピングが噂されたこともあった。

 記事によると、今回の出来事を受け、欧州陸連の措置で影響を受けることになる男子三段跳の世界記録保持者であるジョナサン・エドワーズ(英国)など、ほかのアスリートともこの話題について話をし、世界記録と地位保全のために戦っていくとしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー