[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 166キロ…167キロ…150キロスライダー! 若き速球王の圧巻投球に米驚愕「反則だ」

166キロ…167キロ…150キロスライダー! 若き速球王の圧巻投球に米驚愕「反則だ」

米大リーグの若き速球王、カージナルスのジョーダン・ヒックスがまたまた驚愕の投球を披露した。今度は93マイル(約150キロ)のスライダーで空振り三振を奪う場面をMLBが公式ツイッターで動画を公開。ファンは「めちゃくちゃエグイ!」「反則だ」などと衝撃を受けている様子だ。

カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】
カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】

ヒックスのとんでもない投球に米ファン衝撃

 米大リーグの若き速球王、カージナルスのジョーダン・ヒックスがまたまた驚愕の投球を披露した。今度は93マイル(約150キロ)のスライダーで空振り三振を奪う場面をMLBが公式ツイッターで動画を公開。ファンは「めちゃくちゃエグイ!」「反則だ」などと衝撃を受けている様子だ。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 とんでもない投球だった。16日(日本時間17日)のドジャース戦だ。ヒックスは4点リードの7回無死死一、二塁の場面。打席には強打者プイグを迎えた。103マイル(約166キロ)のシンカーで見逃し、104マイル(約167キロ)の内角シンカーで空振り。このスピードボール2球だけでもすさまじいのだが、さらには2ストライクと追い込んでの3球目だ。

 外角の低めに曲がりながら落ちるスライダーに、プイグのバットは空を切った。この1球は93マイルを計測。直球並みの球速で鋭く曲がるのだから、これは打てない。後続も打ち取りピンチを脱出した。

「103、104、そして93マイルのスライダーでパンチアウト」。驚愕の3球を、MLBはこうつづり動画で公開。ファストボールだけでなく変化球も一級品であることをまざまざと見せつけた、22歳の剛腕に対してファンからは驚愕の声が続々と上がっている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー