[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナ、騒動後初メディアに登場 性差別あったと主張曲げず「男子の半分すら…」

テニスの4大大会、全米オープン女子シングルス決勝で世界ランク7位の大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)。決勝の舞台では審判への暴言やラケット破壊でペナルティを受けた後、敗戦後の記者会見で性差別を訴えるなど物議を醸していた。

セリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】
セリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】

騒動後初メディアに登場、豪のテレビ番組での発言を英メディアが報道

 テニスの4大大会、全米オープン女子シングルス決勝で世界ランク7位の大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)。決勝の舞台では審判への暴言やラケット破壊でペナルティを受けた後、敗戦後の記者会見で性差別を訴えるなど物議を醸していた。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 GS優勝23回の女王らしからぬ振る舞いに各国メディアや現役世界ランカーから批判の声が高まる中、セリーナは豪メディアに大会閉幕から初めて登場。コーチが認めたスタンドからの指導という反則についても完全否定している。

 主審への抗議、ラケット破壊。そして、敗戦後の性差別の主張……。大坂の初のグランドスラムという晴れ晴れしい表彰式のはずが、ブーイングが吹き荒れるきっかけを作ったセリーナ。オーストラリアのテレビ番組「ザ・プロジェクト」で大会閉幕後、初めてメディアの前に登場したという。英紙「デイリーメール」が報じている。

 セリーナが荒れ始めたのは劣勢の第2セット序盤だった。コーチのパトリック・ムラトグルー氏は客席からハンドシグナルによるジェスチャーで指示。ラモス主審はコードバイオレーションで警告を出した。

 これに対して、セリーナは逆上。チェアアンパイアの前に詰め寄りまくし立てた。それでも怒りの収まらないセリーナは、ラケット破壊、主審への暴言などでペナルティを受けることになった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集