[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 田中将大、圧巻の11勝目に同僚新人王候補も驚愕「タナカは凄まじい」

田中将大、圧巻の11勝目に同僚新人王候補も驚愕「タナカは凄まじい」

米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手は7日(日本時間8日)、敵地マリナーズ戦に先発し、8回3安打無失点10奪三振無四球と快投。今季11勝目(5敗)を挙げた。6回にカノをキレ味抜群のスライダーで空振り三振に打ち取りピンチを脱出する瞬間を、球団公式ツイッターが公開。ファンを歓喜させると、MLB公式サイトも快投ぶりをたたえている。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

田中が8回無失点で11勝目、MLB公式サイト「マサヒロ・タナカが圧巻の投球」

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手は7日(日本時間8日)、敵地マリナーズ戦に先発し、8回3安打無失点10奪三振無四球と快投。今季11勝目(5敗)を挙げた。6回にカノをキレ味抜群のスライダーで空振り三振に打ち取りピンチを脱出する瞬間を、球団公式ツイッターが公開。ファンを歓喜させると、MLB公式サイトも快投ぶりをたたえている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 田中は安定感抜群だった。4点リードの6回だ。2死一、三塁で打席には左のカノ。カウント1ボール2ストライクからの4球目。膝元への84.6マイル(約136キロ)のスライダーを投じ、バットに空を切らせた。ピンチを脱した田中は、鬼の形相でマウンドを後にした。

 MLB公式サイトは「タナカがマリナーズをシャットアウト、ワイルドカードに向けたテストで結果を残す」と快投をレポート。「ワイルドカードゲーム出場を見据えた正念場で、マサヒロ・タナカが圧巻の投球。どんな状況でも彼がチームの力になりうることを示した」と称賛している。

「今季のベストピッチングに数えられる試合で、田中は8回を投げて10奪三振。チームを敵地で4-0の勝利に導いた。タナカは散発3安打、四死球も与えず。投げた102球のうち74球がストライクだった」

 圧巻の内容を紹介しつつ、三振を奪われたカノのコメントにも触れている。「彼は思い通りにボールをコントロールする。ストライクを取るために緩い球を投げる時は調子が上がってくる。甘い球は絶対に入ってこない。彼は狙ったところに投げ、あらゆる球種を織り交ぜてくる」と脱帽している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー