[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、セリーナとの“16歳差決勝”は「名勝負間違いなし」 伝説の女王が太鼓判

大坂なおみ、セリーナとの“16歳差決勝”は「名勝負間違いなし」 伝説の女王が太鼓判

テニスの全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦する。日本人女子テニス史上初となるグランドスラム(GS)の決勝戦で栄冠を狙う、20歳のシンデレラガールとGS通算24度目の優勝を目指す36歳の女王との頂上決戦について、シングルス、ダブルスでGS優勝49回のレジェンドは「名勝負間違いなし」と太鼓判を押している。

グランドスラム初制覇を狙う大坂なおみ【写真:Getty Images】
グランドスラム初制覇を狙う大坂なおみ【写真:Getty Images】

単複でGS通算49勝のナブラチロワさんが対照的な頂上決戦に注目

 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)は女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦する。日本人女子テニス史上初となるグランドスラム(GS)の決勝戦で栄冠を狙う、20歳のシンデレラガールとGS通算24度目の優勝を目指す36歳の女王との頂上決戦について、シングルス、ダブルスでGS優勝49回のレジェンドは「名勝負間違いなし」と太鼓判を押している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

「ウィリアムズ対オオサカはいくつかの共通点を備えた世代の激突」と特集したのは地元紙「ニューヨーク・タイムズ」だった。

 記事によると、16歳差は1968年のオープン化以降、4大大会決勝では過去2番目の年齢差になるという。1991年の全米オープン女子シングルで17歳のモニカ・セレシュさんが34歳のマルチナ・ナブラチロワさんを破った17歳差が最大だった。

 チェコと米国の二重国籍を持つ、ナブラチロワさんはネットプレーを得意とした天才レフティ。GSシングルス優勝18回、ダブルス優勝31回というレジェンド中のレジェンドは今回の決勝について、「名勝負間違いなしね。個性、文化、世代、何て対照的なのかしら」と語ったという。

 天真爛漫な大坂はハイチ人の父親と日本人の母親を持ち、大阪で生まれ、ニューヨークで育ったコスモポリタン。米国生まれで米国育ちの女王セリーナとはバックグラウンドが大いに異なる。そして、16歳の年齢差も実に対照的だ。

 男子選手顔負けのパワフルなプレーと対照的に、試合後の愛嬌溢れるインタビューなどで、米国でも人気を誇る大坂。米女子アスリート界の頂点に君臨するセリーナとの頂上決戦を、女子テニス界のレジェンドも心待ちにしている様子だ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー