[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 前田健太登板試合で衝撃の大乱闘 “右フック”に米騒然「クレイジー」「今年一番」

前田健太登板試合で衝撃の大乱闘 “右フック”に米騒然「クレイジー」「今年一番」

米大リーグでとんでもない乱闘劇が起きた。ドジャース・前田健太投手も登板した、14日(日本時間15日)の本拠地ジャイアンツ戦だ。激高したド軍のヤシエル・プイグ外野手と、ジ軍のニック・ハンドリー捕手を中心に、ホームベース付近で両軍入り乱れる事態となった。プイグが“右フック”を繰り出すシーンなど、MLBは公式インスタグラムで乱闘劇の一部始終を公開している。

米大リーグで乱闘騒ぎが起こった【写真:Getty Images】
米大リーグで乱闘騒ぎが起こった【写真:Getty Images】

ドジャース・プイグが突然激高し大乱闘が発生

 米大リーグでとんでもない乱闘劇が起きた。ドジャース・前田健太投手も登板した、14日(日本時間15日)の本拠地ジャイアンツ戦だ。激高したド軍のヤシエル・プイグ外野手と、ジ軍のニック・ハンドリー捕手を中心に、ホームベース付近で両軍入り乱れる事態となった。プイグが“右フック”を繰り出すシーンなど、MLBは公式インスタグラムで乱闘劇の一部始終を公開している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 1点を追う7回2死で打席に入ったのはプイグ。カウント1-1から左腕ワトソンの甘いチェンジアップを打ち損じファウル。おそらくは甘いボールをミスショットした自らに腹が立ったのだろう。悔しそうにバットを宙に浮かすと、上から叩きつけるように右手でつかんだ。

 そこからだ。捕手のハンドリーと何事か口論が始まった。両者が接近し一触即発の事態に。興奮したプイグが左手でハンドリーの胸を小突いたのが“開戦”の合図。一気に両軍ベンチから選手が飛び出し大乱闘が始まった。

 火がついたプイグは止まらない。チームメートに静止されながらも、背中越しに“右フック”を繰り出すなど、暴れまわった。当人同士が引き離され、ようやく収まったが球場内は騒然とした雰囲気に。結局プイグと、ハンドリーには退場処分が下された。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー