[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナダルは「紳士」 試合中の“一流の品格”に海外メディアも賛辞「寛大な態度だ」

男子テニスのロジャーズ・カップは12日(日本時間13日)、男子シングルス決勝で世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が6-2、7-6でステファノス・チチパス(ギリシャ)を下して優勝。観客の声援でサーブをミスしたチチパスの抗議に、自ら打ち直しを認める振る舞いが「何人がこの行動を取れる?」と大きな話題を呼んでいたが、海外メディアも反応。「寛大な態度で認めた」「気前の良さを見せた」と称賛している。

ラファエル・ナダル・【写真:Getty Images】
ラファエル・ナダル・【写真:Getty Images】

観客の奇声でチチパスがミス、相手の打ち直しを認める振る舞いが反響

 男子テニスのロジャーズ・カップは12日(日本時間13日)、男子シングルス決勝で世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が6-2、7-6でステファノス・チチパス(ギリシャ)を下して優勝。観客の声援でサーブをミスしたチチパスの抗議に、自ら打ち直しを認める振る舞いが「何人がこの行動を取れる?」と大きな話題を呼んでいたが、海外メディアも反応。「寛大な態度で認めた」「気前の良さを見せた」と称賛している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 ナダルのスポーツマンシップが反響を広げている。第2セットのチチパスのサービスの場面だった。

 チチパスが左手でボールを上げてモーションに入ると、客席から女性とみられる奇声が上がった。これにチチパスは集中をそがれた。サーブは大きく外れてしまう。思わずチチパスは苦笑い。そして、審判席に歩み寄り、打ち直しを求めて抗議した。いったい、どうなるのか。その時だ。

 事態を見守っていたナダルが動いた。右手で指さしながら「打ち直しを認めて」というジェスチャー。もちろん、フォルトのままの方が有利になるが、王者は公平性を期して、対戦相手の立場からも動いたのだ。これには会場のファンからも割れんばかりの大歓声が沸き起こっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集