[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 自陣無人→タックル→超Vアシスト… ルーニー、後半ATの「11秒の奇跡」に母国仰天

自陣無人→タックル→超Vアシスト… ルーニー、後半ATの「11秒の奇跡」に母国仰天

海外サッカーの米メジャーリーグ(MLS)DCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、無人のゴールを守る魂のタックルによるパスカットから、40メートルの美しき超ロングアシストを炸裂。同点の後半アディショナルタイムに、わずか11秒で演じたスーパープレーをリーグ公式が動画付きで公開すると、ファンに「これより凄いドラマはあるのか?」と衝撃を走らせていたが、母国英メディアも「恐るべきスプリント」「驚くべきアシスト」と仰天している。

ウェイン・ルーニー【写真:Getty Images】
ウェイン・ルーニー【写真:Getty Images】

母国メディアも驚き…後半ATにカウンターを防ぎ、仰天の40mアシストが炸裂

 海外サッカーの米メジャーリーグ(MLS)DCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、無人のゴールを守る魂のタックルによるパスカットから、40メートルの美しき超ロングアシストを炸裂。同点の後半アディショナルタイムに、わずか11秒で演じたスーパープレーをリーグ公式が動画付きで公開すると、ファンに「これより凄いドラマはあるのか?」と衝撃を走らせていたが、母国英メディアも「恐るべきスプリント」「驚くべきアシスト」と仰天している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 元イングランド代表ストライカーが演じた「11秒の奇跡」は母国でも反響を広げている。12日のオーランド・シティ戦だ。

 2-2で迎えた後半、6分のアディショナルタイムも5分を経過した50分だった。GKも参加したセットプレーの好機を生かせず、カウンターを受けた。相手選手が左サイドを単独で駆け上がり、ハーフウェーラインを越える。相手陣内には誰もいない。ロングシュートを狙えば、無人のゴールに蹴り込むことができる。絶体絶命のピンチ。その時だ。

 後ろから猛然と追いかける1人の男がいた。ルーニーだ。そして、全速力で距離を詰め、ターゲットを定めると豪快に滑り込み、渾身のタックルを炸裂。相手を吹っ飛ばし、ボールを奪取したのだ。窮地を救うビッグプレーにスタジアムは騒然。しかし、これでまだ終わりではなかった。すぐさま起き上がると、ボールを持ち、攻め上がったのだ。

 ハーフウェーラインを越え、右サイドを突破。顔を上げると、ゴール前にロングフィード。すると、一番遠い左サイドの選手にピタリ。頭で競り勝つと、なんとそのままゴールに吸い込まれたのだ。抜かれれば失点確実&敗戦濃厚の窮地を防ぎ、逆に決勝ゴールを演出。まさに奇跡としかいいようがない守備と攻撃を一人で演出してみせたのだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー