[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、米特集「ソチ五輪王者の今」に登場「彼は勝利の余韻に浸らなかった」

フィギュアスケートの世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)のフリーで歴代世界最高得点を更新し、3年ぶりの優勝を飾った羽生結弦(ANA)。14年ソチ五輪の金メダリストが3年ぶりに世界王者に返り咲いたが、米メディアはソチ五輪で金メダルを獲得した選手たちの今を特集。他のゴールドメダリストが引退、結婚、出産など、分岐点を迎える中、当時19歳で栄冠を勝ち取った羽生の現在地を伝えている。

引退、結婚、出産…様々な現在地も、変わらぬ「羽生時代」をレポート

 フィギュアスケートの世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)のフリーで歴代世界最高得点を更新し、3年ぶりの優勝を飾った羽生結弦(ANA)。14年ソチ五輪の金メダリストが3年ぶりに世界王者に返り咲いたが、米メディアはソチ五輪で金メダルを獲得した選手たちの今を特集。他のゴールドメダリストが引退、結婚、出産など、分岐点を迎える中、当時19歳で栄冠を勝ち取った羽生の現在地を伝えている。

「彼らは今、どこで。ソチのフィギュアスケート王者たち」とのタイトルで特集したのは、米テレビ局「NBC」電子版だ。

 特集の筆頭で日本のエースが登場。3年前の衝撃をこう振り返っている。

「ユヅル・ハニュウはソチで歴史的な活躍で金メダルを獲得した。ショートプログラム(SP)で100点以上を獲得した史上初の男子スケーターとなり、男子フィギュアで日本人初の金メダリストとなり、約60年間で五輪最年少王者となった。羽生が母国に戻ると10万人近い人々がパレードに集結した」

 様々な歴史を塗り替えたソチ五輪での優勝から、仙台市で行われた凱旋パレードには多くのファンが殺到したことを紹介している。しかし、当時19歳の日本の若者が栄光に慢心しなかったことも、こう伝えている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集