[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 元なでしこFWが語る日本女子サッカーの現在地 「遅い」の一言に込めた想いとは

元なでしこFWが語る日本女子サッカーの現在地 「遅い」の一言に込めた想いとは

2015年末、日本女子サッカーの象徴的な存在である澤穂希が現役を引退した。INAC神戸レオネッサの一員として臨んだ最後の試合となった皇后杯決勝のアルビレックス新潟レディース戦では、終盤に値千金の決勝ゴール。自らの一撃で有終の美を飾り、万雷の拍手のなかでスパイクを脱いだ。

昨年現役を引退した永里亜紗乃が語るなでしこリーグの現状

 2015年末、日本女子サッカーの象徴的な存在である澤穂希が現役を引退した。INAC神戸レオネッサの一員として臨んだ最後の試合となった皇后杯決勝のアルビレックス新潟レディース戦では、終盤に値千金の決勝ゴール。自らの一撃で有終の美を飾り、万雷の拍手のなかでスパイクを脱いだ。

 1991年のトップリーグデビューから長年にわたって日本女子サッカー界をけん引したレジェンドがピッチを去り、迎えた昨季のなでしこリーグでは日テレ・ベレーザが2連覇を達成。盤石の強さを示した優勝となったが、世代交代の真っ只中にあるなでしこリーグの現状とは、どのようなものなのだろうか。

「昨シーズンの試合を少し観ました。率直な感想は『遅い』というところかなと思っています」と語ったのは、昨季限りで現役を引退した元日本女子代表FW永里亜紗乃だ。

 なでしこジャパンのFW永里優季(フランクフルト)の妹としても知られ、澤ともベレーザや代表でプレー。2012年にはベレーザの一員としてリーグカップ制覇の立役者となりMVPも受賞、同年のリーグ戦ではキャリア最多19ゴールを挙げてベストイレブンに選ばれた。そうした国内トップクラスの実績を引っ提げて、13年にブンデスリーガのトゥルビネ・ポツダムに移籍。海外で3シーズン半にわたってプレーしたからこそ、なでしこリーグの課題が見えるという。

「単純な走るスピード、球のスピードもですが、他にもカウンターがカウンターにならない、判断が遅い、寄せるのが遅いなどがあります。ただ、自分もなでしこリーグでプレーしていた時は『遅い』と感じたことがなかったです。なぜかと言うと速い必要がなかったからで、速くしなくてもやれてしまうところにあると思っています。

 世界のトップの国々の試合とリーグの試合を観て、確かに日本人には違う良さもありますが、世界との差を考えると足りないもの、苦手、弱点を改善していかなければいけないと思います」

 世界と渡り合う上で、永里亜紗乃はなでしこリーグそのものを強化する必要性を訴えた。そして先月25日に今季のリーグ戦が開幕したが、「近年のなでしこリーグは昔に比べて移籍が多くなってきたと思うので、選手の入れ替えによってどのような変化がもたらされるのかは見どころだと思います」と語った上で、最大の焦点は10代の若手選手の台頭との見解を示した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
全国高体連公式 インターハイ応援サイト「インハイ.tv」
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー