[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 田中将大、圧巻の完封劇を辛口NYメディアが大絶賛 「珠玉の投球」「シーズン最高」

田中将大、圧巻の完封劇を辛口NYメディアが大絶賛 「珠玉の投球」「シーズン最高」

米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が24日(日本時間25日)の敵地レイズ戦に先発105球を投げ、9回3安打9奪三振1四球で完封勝利を飾った。完封は自身3度目で今季8勝目。ヤンキースは公式ツイッターで、初回に奪った急降下スプリットでの奪三振シーンの動画つきで速報し、ファンから賛辞を浴びていたが、地元ニューヨークメディアも続々と称賛を伝えている。

レイズ戦で圧巻の完封を成し遂げた田中将大【写真:Getty Images】
レイズ戦で圧巻の完封を成し遂げた田中将大【写真:Getty Images】

自身3度目完封の田中を地元メディアが続々称賛

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が24日(日本時間25日)の敵地レイズ戦に先発105球を投げ、9回3安打9奪三振1四球で完封勝利を飾った。完封は自身3度目で今季8勝目。ヤンキースは公式ツイッターで、初回の急降下スプリットでの奪三振シーンの動画つきで速報し、ファンから賛辞を浴びていたが、地元ニューヨークメディアも続々と称賛を伝えている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 マサヒロ・タナカの圧巻の奪三振ショーの幕開けは初回だった。1点を先制してもらったその裏、先頭のキーアマイヤーに対して、カウント2-2からの5球目だ。決め球に選んだ86.3マイル(約139キロ)のスプリットは打者の手元で急激にブレーキ。左打者のバットから逃げていくように、鋭く変化しながら沈んだ。

 キーアマイヤーが当てにいったバットとボールは、誰が見てもわかるくらい、はっきりと離れていた。スプリットなどを軸に田中は4回までパーフェクトに抑えるなど快投を披露。最後までボールのキレは衰えず、三塁を踏ませない完封劇だった。

 圧巻の投球に、普段は辛口のニューヨークメディアも手放しで賛辞を送っている。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー