[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロアチア躍進に見る、アジア勢の課題とは? 海外指摘「見落とされがちなのは…」

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会はフランスの優勝で幕を閉じたが、初の決勝進出を成し遂げたクロアチアの奮闘もまた目立った。海外メディアは今大会を総括する中で、アジア勢の欧州挑戦を推奨している。

ロシアW杯では海外組の活躍も光った日本代表【写真:Getty Images】
ロシアW杯では海外組の活躍も光った日本代表【写真:Getty Images】

海外メディアが大会を総括、アジア勢にとっての教訓とは?

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会はフランスの優勝で幕を閉じたが、初の決勝進出を成し遂げたクロアチアの奮闘もまた目立った。海外メディアは今大会を総括する中で、アジア勢の欧州挑戦を推奨している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 決勝トーナメントに進出したのは日本だけだったが、韓国は1次リーグでドイツから大金星。イランはスペイン、ポルトガルと同居する“死の組”で勝ち点4を上げるなど、アジア勢の健闘も目立った。さらに次のステップに進むためには何が必要なのか。米放送局「FOXスポーツアジア」が「アジアにとってワールドカップから最も教訓となったこと」と題して特集を組んでいる。

 記事ではまず人口約400万人のクロアチアの躍進に触れながら、「その中でも見落とされがちなのは、クロアチア代表には欧州の有力クラブでプレーする選手が多数いるということだ」としている。

 クロアチア以外にも、ベルギー、ウルグアイ、さらにアイスランドといった国の代表にも、欧州などトップリーグでプレーする選手が多くいることを紹介している。

「アジアにとっての教訓(それは長きに渡ってのものであるが)は疑いの余地なくはっきりしているが、若き才能を可能な限りレベルの高いプレー環境が備わったクラブへ送りこむことであろう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集