[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳渡辺倫果、6位からGP逆転Vを海外メディア称賛 大技成功に「美しく巧みな3回転半だ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは最終日は29日(日本時間30日)、ミシソーガで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)6位の渡辺倫果(法大)がフリー1位の134.32点、合計197.59点で逆転優勝を飾った。大技3回転アクセルも成功させ、GPシリーズ初出場で初優勝の快挙。海外メディアも「美しく巧みなトリプルアクセルだ」「自信に溢れて、よく滑っていた」と評価した。

GP第2戦スケートカナダで初出場初優勝した渡辺倫果【写真:Getty Images】
GP第2戦スケートカナダで初出場初優勝した渡辺倫果【写真:Getty Images】

GPシリーズ第2戦スケートカナダで初出場初優勝

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは最終日は29日(日本時間30日)、ミシソーガで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)6位の渡辺倫果(法大)がフリー1位の134.32点、合計197.59点で逆転優勝を飾った。大技3回転アクセルも成功させ、GPシリーズ初出場で初優勝の快挙。海外メディアも「美しく巧みなトリプルアクセルだ」「自信に溢れて、よく滑っていた」と評価した。

 着物風の和テイストを盛り込んだ衣装で、冒頭から大技3回転アクセルに成功した渡辺。今季のフリー曲「JIN」に乗せ、堂々と舞った。以降、ジャンプでわずかなミスが出たものの、3本のスピンすべてでレベル4を獲得するなど、質の高い演技を披露。滑り終えた後は感極まった表情を浮かべた。フリー1位の134.32点をマークし、4.63点差をひっくり返して逆転優勝となった。

 GPシリーズ初出場にして初優勝を飾った20歳を海外メディアも評価。ツイッター上では、米名物記者のジャッキー・ウォン氏は「アクセルにレビューがつくかもしれないが、美しいジャンプだった。自信に溢れて、よく滑っていた」、米専門メディア「フィギュアスケーターズオンライン」も「凄い。日本のリンカ・ワタナベによる素敵なフリーだった。美しく、巧みなトリプルアクセル。唯一のミスは3回転ルッツ」と高評価を与えた。

 国際スケート連盟(ISU)は3回転アクセルを成功させた動画を投稿し、「頂点へ大躍進。リンカ・ワタナベが力強いフリーを披露。スケートカナダ表彰台のトップに躍り出た」と評した。欧州衛星放送「ユーロスポーツ」も「SP6位から輝かしいフリーでチャンピオンに。ロンバルディアの覇者、リンカ・ワタナベが大会を支配。魅せる演技で197.59点を記録」と伝えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集