[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金田久美子、史上最長ブランクVに王手 21歳で1勝目→33歳で2勝目へ「私も勝てるかな」

女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス第2日が29日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。4位で出た金田久美子(スタンレー電気)が5バーディー、ボギーなしの通算9アンダーとし、2位に3打差の単独首位に立った。最終日を首位で迎えるのは、2013年6月のサントリーレディス以来で、勝てば2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶりのツアー通算2勝目。1988年のツアー制度後、最長のブランク優勝となり、会見では「勝ちたいです。自分を信じてプレーしたい」などと話した。

金田久美子【写真:Getty Images】
金田久美子【写真:Getty Images】

樋口久子 三菱電機レディス第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス第2日が29日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。4位で出た金田久美子(スタンレー電気)が5バーディー、ボギーなしの通算9アンダーとし、2位に3打差の単独首位に立った。最終日を首位で迎えるのは、2013年6月のサントリーレディス以来で、勝てば2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶりのツアー通算2勝目。1988年のツアー制度後、最長のブランク優勝となり、会見では「勝ちたいです。自分を信じてプレーしたい」などと話した。

 最終18番パー5。金田は2.5メートルの上りスライスラインを読み切り、5つ目のバーディーを決めた。西日が金髪を照らし、金田の笑みも輝いた。

「いいゴルフができました。2番でラッキーなチップインバーディーが来て、流れができました。あとはマネジメントがはまりましたし、ショットも少し良くなってきました」

 前週を終えて、メルセデス・ランキング(MR)70位。6月のアース・モンダミンカップでは、約8年ぶりの最終日最終組を経験し、9月以降も日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯、住友生命Vitalityレディス東海クラシック、NOBUTA GROUPマスターズGCレディースを第1日にトップ10発進をした。だが、第2日から順位を大きく落としてきた。それを克服し、4位から首位浮上。その理由は「ピンを狙わなかった」だった。

「それは、私自身も思っていたことでした。やっぱり、初日は様子見ながらプレーしていますが、今日もそんな感じでピンを狙わずにマネジメント重視でプレーしたことが良かったと思います」

 そして、ショット復調の理由は「調整法の変更」だった。

「3日間大会だと火曜日にはコースに入りますが、今回は火曜日、水曜日と岐阜県のニューキャピタル(GC)で、自由に練習をしていました。特に前上がりのショットをやって、構えた時の気持ち悪さがなくなったことが大きかったです。ここでの練ランは、木曜日にハーフを回っただけです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集