[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹「優勝以外は求められてない」 V2ならず40位終戦「かすりもしないで残念」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアー・ZOZOチャンピオンシップ最終日が16日、アコーディアG習志野CC(7079ヤード、パー70)で行われた。31位で出た前年覇者・松山英樹(LEXUS)は2バーディー、3ボギーの71で回り、通算3アンダーの40位。ラウンド後は「優勝以外は求められていなかった」と優勝争いに加われなかった結果を残念がった。15アンダーのキーガン・ブラッドリー(米国)が米ツアー通算5勝目。

ZOZOチャンピオンシップ最終日、通算3アンダーの40位に終わった松山英樹【写真:Getty Images】
ZOZOチャンピオンシップ最終日、通算3アンダーの40位に終わった松山英樹【写真:Getty Images】

ZOZOチャンピオンシップ最終日

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアー・ZOZOチャンピオンシップ最終日が16日、アコーディアG習志野CC(7079ヤード、パー70)で行われた。31位で出た前年覇者・松山英樹(LEXUS)は2バーディー、3ボギーの71で回り、通算3アンダーの40位。ラウンド後は「優勝以外は求められていなかった」と優勝争いに加われなかった結果を残念がった。15アンダーのキーガン・ブラッドリー(米国)が米ツアー通算5勝目。

 最終18番パー5。松山は4メートルのバーディーパットを沈め、安堵の笑みを浮かべた。大勢のギャラリーから拍手と歓声が沸くと、キャップを取って会釈をした。

「全然、良くないゴルフでしたが、最後まで声援をいただいて嬉しかったです。最後のパットでやっと、タッチ、ライン(の読み)、ストロークが合いました」

 1番から2メートルのバーディーパットを外した。6番パー5では、第3打で強烈なバックスピンを見せ、4メートルのバーディーパットも沈めてギャラリーを喜ばせた。しかし、7番は2メートル半のパットがカップ左に外れ、連続バーディーはならず。後半はショットも乱れ、13、15番をボギーにした。

「ショートゲーム(アプローチ)以外は全部ダメでした。優勝以外は求められていなかった中、かすりもしないで残念です」

 それでも、最後まで期待に応えようと今のベストを尽くした。3番でロブショット、9番ではバンカーからのエクスプロージョンショットでボールをピン側につけ、「世界の松山」を感じさせた。

 17日には、米ツアーが用意したチャーター機で再渡米。20日(日本時間21日)開幕のザ・CJカップ@サミットに出場する。9月に開幕した2023-24年シーズンは第5戦を終えたばかりで「また米国で頑張ります」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集